PayPalが銀行口座に請求し続ける場合はどうすればよいですか?

PayPalがお客様の同意なしに銀行口座への請求を続ける場合は、自動請求エリアをチェックして有効なサブスクリプションがないことを確認してから、解決センターに連絡して払い戻しを請求してください。PayPalのWebサイトには、お客様の権利と取引に異議を申し立てる方法を理解するのに役立つドキュメントが用意されています。

PayPalサブスクリプションを編集する

PayPalアカウントに何らかの形式の自動請求がある場合は、手動でオフにして支払いを停止する必要があります。アクティブな支払いプランを編集するには、ページ上部の[プロフィール]タブにカーソルを合わせ、[マイマネー]に移動します。[事前承認済みの支払い]セクションの[更新]をクリックします。販売者名をクリックして、[請求の詳細]ページを表示します。[ステータス]領域から[キャンセル]を選択します。複数のサブスクリプションがある場合は、それらをすべて個別にキャンセルする必要があります。

ヘルプセンターにアクセス

PayPalには、ヘルプセンターと呼ばれるオンラインページがあります。PayPal Webサイトのこの領域は、問題を修正する方法に関する情報をユーザーに提供することに専念しています。お客様の権利と支払いの問題を解決する方法の詳細については、[申し立てと制限]タブにカーソルを合わせ、[申し立てと紛争に関する情報]をクリックしてください。このページでは、人々が過去に遭遇した問題に対する一般的な解決策のリストを提供します。不正請求を申し立てる前に、このセクションの情報を読んで、ケースを追跡するために必要な書類を確認してください。

不正取引の報告

PayPal解決センターを使用して、お客様の同意なしにアカウントで発生した取引に異議を申し立てます。このエリアには、ホームページの上部にある「解決センター」リンクをクリックしてアクセスできます。申し立てを送信するには、トランザクションIDを入力し、レポートを作成する必要があります。PayPalは10日以内に問題を解決することを目指しています。ただし、状況によっては、調査員が最大30日かかる場合があります。

銀行に連絡する

PayPalユーザー契約の12.2項には、電話番号、郵送先住所、および連絡フォームが記載されています。解決センターからの応答に満足できない場合は、これらの通信方法を使用してPayPalに連絡してみてください。それでも請求を解決できない場合は、銀行の不正防止サービスに連絡して状況を説明してください。そこでのエージェントは最善の行動方針を推奨し、法的措置を取る必要がある場合はあなたに代わって行動することがあります。