機器レンタル事業に参入する方法

機器レンタル業界は成長しており、ビジネスチャンスを探しているなら、これは儲かるチャンスになるかもしれません。結局のところ、米国のレンタル事業の収入のほとんどは、実際には工具や機器のレンタルによるものであり、年間収益は約20億ドルに上ります。これらの機器レンタルのトレンドを起業家の機会に変えることを検討している場合は、次の方法でそれを行うことができます。

あなたの潜在的な顧客と話してください

お住まいの地域で建設が増加していることに気づいていますか、それとも、家をひっくり返すビジネスに参入する賃貸人の数が異常に多いことに気づいていますか?もしそうなら、おそらくあなたの地域で機器レンタルの市場が上昇しているでしょう。その市場を満たすために、あなたは最初にあなたの潜在的な顧客が何を探しているかを知る必要があります。これは、顧客がどのような種類の機器をレンタルしたいか、その料金をいくら請求するか、そしてどのくらいのビジネスを拡大することが期待できるかを判断するのに役立ちます。

地元の住宅リフォーム業者、建築業者、建設会社に連絡してください。彼らが最も頻繁に使用する機器の種類、彼らが好むブランド、彼らの価格帯は何か、そして彼らが通常取り組むプロジェクトの種類を彼らに尋ねてください。全体として、各企業に次の質問に答えてもらいたいと思います。

  • どんな機材を借りたいですか?

  • どのブランドの機器を最も信頼していますか?

  • 建設プロジェクトの設備を借りるのにいくら払ってもいいですか?

  • レンタカー会社に他にどのようなサービスを提供してほしいですか?

これは、あなたの地域で成功するためにあなたの機器レンタル会社がどのように見えるべきか、そしてあなたの利益率がどうなるかを想像するのに役立ちます。

利用可能な最高の在庫を買いだめ

最初は、量ではなく質がすべてです。お住まいの地域の潜在的な顧客が確実にレンタルしたいと思う機器を用意してください。彼らが必要としていると思われるものではありません。それらの企業との会話に基づいて、実行可能な最小限の在庫を購入します。誰もレンタルすることのない機器にお金をかけたくはありません。無駄な機器からの埋没費用を補うよりも、時間の経過とともに他に何を購入すべきかを理解する方がはるかに簡単です。

あなたがあなたができる最もよい取り引きを得ていることをあなたの目録を購入するとき確認してください。あなたが話をした地元の会社が高級ブランドの名前をあまり気にしていないようなら、それにお金を無駄にしないでください。また、あなたにたくさんのお金を節約することができる中古の機器を購入することを検討してください。

2007年の国勢調査データによると、機器レンタル事業の平均立ち上げ費用は75,000ドルでした。ただし、この数は、お住まいの地域やレンタルする予定の機器の種類によって大きく異なります。たとえば、小規模なツールに焦点を当てる重機ベンチャーを先取りしている場合、在庫をストックするためのコストがはるかに低くなるため、起動コストが大幅に削減されます。

予算を設定する

在庫の購入は、おそらく最大の先行事業費になりますが、機器の保管スペースやスタッフの給与など、より小さなものも検討してください。また、保険の予算を立てることもできます。あなたの従業員ではない人々があなたの機器を使用することになります。それは、機器が損傷したり、レンタル中に誰かに怪我をさせたりした場合に、醜い責任を負わせる可能性があります。設定したい基本的な保険契約がいくつかあります。

  • 貸し出し中に機器が人身傷害または物的損害を引き起こした場合に、あなたとあなたのスタッフをカバーする一般的な責任。ほとんどの中小企業は、一般的な賠償責任保険に年間400ドルから600ドルを支払います。

  • あなたが所有するビジネス関連のスペース、そのスペースの内容、およびあなたのレンタルアイテムをカバーする財産保険。商業用不動産保険の平均は年間約750ドルです。

  • あなたまたは仕事で運転するあなたの従業員の人身傷害および物的損害の費用をカバーするための商用車。この保険の料金は、あなたとあなたの従業員の運転記録によって異なりますが、商用車保険の費用は通常、自動車で1,200ドルから2,400ドル、トラックで800ドルから2,000ドルです。

  • 仕事で負傷した場合に従業員を補償するための労働者災害補償–ただし、すべての州がこれを要求しているわけではありません。これらのポリシーの料金は州によって異なり、テキサス州の従業員賃金100ドルあたり0.75ドルから、アラスカ州の従業員賃金100ドルあたり2.74ドルまでです。

あなたのビジネスが必要とするかもしれない他の種類の補償範囲を決定するために保険代理店に相談してください。

直面している費用の概要がわかったら、最終的に利益を上げるための計画を立てましょう。その計画を実行するのに役立つ機器レンタルの価格を設定します。

顧客が署名するための権利放棄を準備する

機器レンタル会社は通常、顧客に次のようなレンタルアイテムを取り出すためのいくつかの契約に署名してもらいます。

  • 補償契約。これは、機器が顧客の所有物である間に会社が責任を問われた場合に、顧客が金銭的責任を負うことを保証します。

  • ホールド-無害契約。お客様が機器による怪我や物的損害の責任を負った場合に、お客様が会社を無害にすることに同意するものです。

  • 変換警告。顧客が指定どおりにレンタル機器を返却しなかった場合、会社はそれを盗難と見なして料金を請求できることを明確にします。

不要な責任から会社を保護するためにビジネスを行う前に、これらの免除を作成してください。

あなたの名前をそこに出してください

ソーシャルメディアページや、潜在的な顧客が見積もりを取得したりレンタルを予約したりするためにあなたに連絡する必要があるすべての情報を含むプロ並みのWebサイトを含むWebプレゼンスを作成します。地元紙にも広告を出して、最初から質問に答えてくれた建設会社と連絡を取り合いましょう。彼らはあなたの最初のそしてさらに最も長期の顧客になるかもしれません。