Excelで個人事業の項目別控除リストを作成する方法

納税申告書で控除項目を明細化する必要がある場合は、簡単なExcelスプレッドシートで経費を追跡できます。これにはいくつかの利点があります。必要な数のバックアップを作成し、控除スプレッドシートのデータを他のスプレッドシートと統合し、必要に応じてファイルを従業員と簡単に共有できます。年間経費データが1か所にまとめられると、アカウントを計算する際の会計士の仕事が簡単になります。

1

Excelを開きます。ワークシートのタブがある画面の下部で、右クリックして「新しいワークシート」を選択します。ワークシートが12個になるまでこれを繰り返してから、課税年度の関連する月と年に名前を変更します。たとえば、「2012年10月」から「2013年9月」に変更します。完了したら、課税年度の最初の月をクリックします。

2

列のヘッダーを入力します。左から右に、「A1」から始めて、「経費」、「金額」、「メモ」と入力します。特定の費用が発生した正確な日付を知る必要がある場合は、「日付」列を含めます。

3

「A2」から始まる「A」列にビジネスが直面する経費を入力します。各アイテムには独自のセルがあります。これらは、自動車経費、事務経費、またはビジネスに関連するその他のカテゴリなど、関連する経費にグループ化できます。行番号を右クリックして[行の挿入]をクリックするといつでも行を追加できるため、このリストは最終的なものである必要はありません。

4

その月の合計を作成します。リストの下部の「A」列に「合計」と入力します。同じ行の「金額」列の下部に、「= sum(B2:B100)」と入力します(引用符は含みません)。「100」を、作成した「合計」行のすぐ上の行の番号に置き換えます。Excelはあなたの費用を合計し、ここに結果を表示し、この数字は自動的に更新されます。

5

「Ctrl-A」を押してワークシート全体を選択し、「Ctrl-C」を押して選択範囲をコピーします。「Ctrl-V」を押して、これを各月のワークシートに貼り付けます。

6

「合計」という新しいワークシートを作成します。「A1」から「A12」までの月のリストを作成し、最終月のすぐ下のセルに「YearTotal」と入力します。セル「B2」をクリックし、「=」記号を入力して、最初の月のワークシートをクリックし、その月の合計を含むセル(「合計」式を含むセル)をクリックして、「Enter」を押します。このプロセスを毎月繰り返します。

7

「合計」ワークシートのセル「B13」に「= sum(B1:B12)」(引用符なし)と入力し、「Enter」を押します。これで、項目別の控除スプレッドシートが完成しました。項目別リストの横に値を入力すると、月次および年次の合計が自動的に更新されます。