ローカル番号を使用してGoToMeeting電話会議を行う方法

GoToMeeting Web会議サービスは、会議の主催者がスケジュール設定中にこのオプションを構成すると、国際電話の市内通話番号をサポートします。GoToMeetingの主催者が会議のローカルフリーダイヤルおよびフリーダイヤルの国際番号を有効にしている場合、他の国の参加者はローカル番号を使用して会議の音声部分にアクセスできます。その国でフリーダイヤルの市内番号が利用できる場合、ユーザーは無料で会議に電話をかけることができます。市内番号がフリーダイヤルの場合、標準料金が適用されます。

市内番号との会議をスケジュールする

1

GoToMeeting CorporateAdministrationアプリケーションにログインします。GoToMeeting管理ダッシュボードが起動します。

2

上部のナビゲーションメニューで[会議を主催する]オプションをクリックします。[スケジュール]ポップアップが表示されます。

3

「会議のスケジュール」オプションをクリックして、「スケジュール」フォームを開きます。

4

[件名]フィールドに会議のタイトルを入力し、[日付]ドロップダウンボックスをクリックします。会議の日付を選択します。

5

「開始」フィールドをクリックして、会議の開始時間を入力または選択します。「終了」フィールドをクリックし、終了時間を入力または選択します。

6

[音声情報を提供する]オプションの横にあるチェックボックスをオンにして、[両方を提供する-追加の市内通話番号を含める]ラジオボタンをクリックします。

7

「国の編集」リンクをクリックします。[国の編集]フォームが開きます。

8

含める各国の横にあるチェックボックスをオンにします。選択した各国からの参加者は、追加の市内番号を利用できるようになります。終了したら「完了」をクリックします。

9

必要に応じて「会議パスワードが必要」にチェックを入れ、「パスワード」ボックスに会議パスワードを入力します。

10

「スケジュール」ボタンをクリックします。会議は予定されており、現地の料金番号は海外からの参加者の招待状に含まれます。

会議の市内番号に電話する

1

GoToMeetingの招待メールを開きます。市内通話番号は招待状に記載されています。

2

招待メールに記載されている市内番号の1つに電話して、予定されている会議時間の直前に会議の音声部分に接続します。

3

招待メールのリンクをクリックし、[はい]、[信頼]、または[許可]をクリックして、GoToMeetingブラウザプラグインのダウンロードを受け入れます。会議にパスワードが設定されている場合は、パスワードプロンプトが表示されます。

4

会議のパスワードを入力し、「OK」をクリックします。名前とメールフォームが開きます。

5

「名前」と「メール」フィールドに名前とメールアドレスを入力し、「OK」をクリックします。 GoToMeeting会議がWebブラウザーで開き、コンピューターが会議に参加します。