無関係な事業に多角化することの長所と短所?

企業が他の会社を買収したり、事業を無関係の事業カテゴリに拡大したりすると、無関係の多様化に取り組みます。ある業界または製品に強みを持つ企業が完全に無関係な業界に取り組むことはリスクを伴うことがよくありますが、この成長戦略で成功する企業にとっても見返りは重要です。

あなたの賭けをヘッジする

無関係なセクターに分散する動機の1つは、特定の業界に影響を与える経済的または周期的な景気後退のリスクに対して賭けをヘッジすることです。この論理は、多くの投資家が投資や株式を選ぶ際に採用する分散アプローチに似ています。あなたのビジネスの1つが季節的、1年にわたる、または複数年にわたる落ち込みに苦しんでいる場合でも、無関係なカテゴリのビジネスは繁栄する可能性があります。この多様化は、景気後退の大きな落とし穴から保護するのに役立ちます。

資本配分の効率

1つの企業傘下で複数の業種を運営する利点は、各企業のニーズに対応するために戦略的に企業リソースを割り当てることができることです。企業の従業員は、人事、購買、情報技術などの役割に対する責任を企業全体で共有できます。企業は多くの場合、各業種に配布できる消耗品やリソースの割引購入の利点を享受します。

妥協したリーダーシップの強み

無関係なビジネスアリーナに進出することの最も重要で典型的な欠点の1つは、集合的な才能をあまりにも薄く広げることができるということです。企業のリーダーは通常、特定の業界またはビジネスセクターに固有の専門知識、戦略的計画能力、およびリーダーシップの資質を備えています。リーダーシップグループが大幅に異なる企業に一貫した高品質の方向性を提供できる可能性は限られています。多様な能力を持つリーダーであっても、無関係な企業で結果を最適化するための時間とエネルギーの要件は重要です。

相乗効果の欠如

多くの企業は、相乗効果がないため、一般的なビジネスルールとして無関係な多様化を避けています。関連する多様性がある場合、会社のブランド、哲学、リソース、およびパートナーシップをより簡単に統合して、最大限に活用することができます。無関係な多様化により、多くの企業は、各ビジネスのそれぞれのブランドイメージを薄めることを避けるために、意図的に各多様な企業を分離しておく必要があります。あなたの会社が製品カテゴリーの信頼できるリーダーとして認識されている場合、ブランドが会社や製品のメッセージの混合に圧倒されると、顧客は混乱する可能性があります。