PowerPointで折れ線グラフを作成する方法

折れ線グラフが必要な場合は、Microsoft PowerPoint 2010を使用して、プレゼンテーションを構成するスライドに折れ線グラフをプロットできます。折れ線グラフの種類を選択して、自動的に開かれるMicrosoftExcelスプレッドシートにグラフデータを挿入できます。グラフはリアルタイムでプロットされるため、値を変更したり、新しいカテゴリを追加したりするたびに、PowerPointの折れ線グラフに変更が反映されます。

1

コンピューターでPowerPoint2010を起動し、プレゼンテーションを開きます。

2

左ペインから折れ線グラフをプロットするスライドを選択します。

3

PowerPointウィンドウの上部にある[挿入]タブをクリックします。

4

「チャート」ボタンをクリックして、「チャートの挿入」ウィンドウを開きます。

5

[グラフの挿入]ウィンドウの左側にあるナビゲーションペインで[線]をクリックします。

6

「折れ線」グラフを選択し、「OK」をクリックして、PowerPointウィンドウでグラフを開きます。

7

データに応じて、列ヘッダー、カテゴリ、および値を変更します。カテゴリデータは横軸に、値データは縦軸に表示されます。

8

さまざまな値を挿入し、戻ってPowerPointのスライドの折れ線グラフを表示します。

9

満足のいく結果が得られたら、Excelウィンドウでグラフを閉じます。

10

PowerPoint 2010ウィンドウの上部にある[ファイル]タブをクリックし、[保存]をクリックしてプレゼンテーションを保存します。