ケーブルテレビ広告の長所と短所

あなたがあなたの中小企業に新しい顧客を呼び込むことを探しているとき、多くの人々に到達するための良い方法はケーブルテレビ広告を通してです。ケーブルテレビ広告では、テレビ番組の休憩中にコマーシャルを放映します。ケーブルテレビでの広告を検討する前に、ターゲットの人口統計データと予算を確認してください。

オーディエンスサイズ

ケーブル番組中のテレビでの広告の主な利点は、地元のラジオや印刷物の広告よりもはるかに多くの視聴者にリーチできることです。また、ケーブルネットワークで提供されているプログラミングとビジネスを結び付けることもできます。たとえば、ホームセンターや庭のプログラミング中にホームセンターが紹介される可能性があります。視聴者は可処分所得レベルが高い可能性が高いため、ケーブルは放送広告よりも好まれる可能性があります。

費用

ケーブルテレビでの広告の不利な点はコストです。ケーブルネットワークでの広告時間は、中小企業にとって大きな出費になる可能性があります。また、コマーシャルを作成するには、制作チームを雇う必要があります。費用には、機器のレンタル、タレント料金、生産給与が含まれる場合があります。ネットワーク上で適切な時間枠が必要な場合、広告のコストは大幅に増加する可能性があります。

複数の媒体

ケーブルネットワークのテレビ広告は、他のメディアを使用する場合よりも効果的にメッセージを伝える可能性があります。視覚、音、動きを利用して、中小企業に関するメッセージを伝えます。ケーブル会社は、番組を視聴できる代替ビデオデバイスに広告を掲載する機会も提供しています。これには、Webサイト、ビデオオンデマンド、モバイルデバイスが含まれます。

制限事項

ケーブルテレビ広告の欠点は、かなりの時間実行できる広告を作成する必要があることです。予算が大きくない限り、テレビでスペシャルやセールを宣伝したり、コンテンツを編集したりするための資金がない場合があります。また、デジタルビデオ録画は、視聴者がテレビを見る方法を変え、ターゲットオーディエンスの多くのメンバーがコマーシャルを早送りしていることを意味する可能性があります。