納税申告書と一致するSCorpの貸借対照表を取得する方法

サブチャプターS法人のIRSフォーム1120Sの税務作成者は、納税申告書のスケジュールLで法人の貸借対照表を、納税申告書で報告された純利益または純損失と照合するために、年次計算を行う必要があります。スケジュールM1の計算は通常、確定申告の貸借対照表とS法人の財務諸表の貸借対照表の間の年末の差異を調整するためにこれらの調整を行うために必要です。

  1. SCorpの損益計算書を確認する

  2. 会社の帳簿に記録されている会社の純利益から始めます。スケジュールM1の1行目にこの金額を入力します。この金額は通常、税務会計と財務会計の一時的および永続的な違いにより、確定申告の21行目の純利益とは異なります。

  3. 免税所得を追加する

  4. 納税申告書に含まれていない、スケジュールKで直接報告された2行目の所得額を追加します。S法人の一部の所得項目は、株主に直接帰属し、個人所得税申告書に報告されますが、フォーム1120Sの課税所得には含まれません。たとえば、銀行の利子は株主に直接帰属しますが、確定申告では課税されません。

  5. 控除を含める

  6. 帳簿に入力されているが、3行目の納税申告書には入力されていない控除額を含めます。これらの追加には、納税申告書で許可されている減価償却費、ビジネスの食事および娯楽費の半分を超える、帳簿に記載されている減価償却費が含まれる場合があります。納税申告書では許可されていない、または帳簿に記録されているが納税申告書では許可されていないIRSペナルティおよび支払利息。

  7. あなたがこれまでに持っているものを合計する

  8. 1行目から3行目を追加し、4行目に合計を入力します。これらの追加はすべて確定申告に含まれ、正味課税所得が増加しますが、会社の帳簿上の控除でした。

  9. 課税対象外の利息を追加する

  10. 帳簿に入力されているが確定申告には含まれていない追加の収入項目を計算します。たとえば、国債の利子などの非課税の利子は、財務諸表の所得項目であるにもかかわらず、課税対象ではないため、確定申告には含まれません。

  11. 減価償却勘定

  12. 6行目の会社の帳簿に記載されていない、確定申告で許可されている控除額を入力します。たとえば、会社が加速法を使用して資産を減価償却したり、確定申告でボーナス減価償却を行ったりすると、確定申告の減価償却費が大きくなります。財務諸表よりも。確定申告の14行目の減価償却額と帳簿の減価償却額の差額が6行目に入力されます。

  13. 最終的な計算を行う

  14. 5行目と6行目の合計を計算し、7行目に合計を入力します。4行目の合計からこの金額を差し引きます。8行目に結果を入力します。8行目は、帳簿間の差異を調整して、納税申告書の課税所得と一致する必要があります。所得と課税所得。

  15. ヒント

    中小企業が成長した場合、納税申告の要件が変わる可能性があります。たとえば、資産が1,000万ドルを超えるS法人は、スケジュールM1ではな​​くスケジュールM3を完了する必要があります。S法人に関して質問がある場合は、税務専門家に相談してください。