ビジネスにおける価格設定の重要性

価格をどのように設定するかは、ビジネスに多くの影響を与える可能性があります。設定したすべての価格がマージンを最大化する必要があるわけではありません。多くの中小企業は、価格を使用して競争したり、市場シェアを変更したり、さまざまな収益シナリオを作成したりします。価格設定が収益だけでなくビジネスモデルにどのように影響するかを理解することは、価格レベルをより適切に選択するのに役立ちます。

利益率に対する価格の影響

設定した価格は、販売単位あたりの利益率に影響します。価格が高いほど、売上を失わない限り、アイテムあたりの利益が高くなります。ただし、販売量の減少につながる価格の上昇は、販売するユニットの数が少なくなるとユニットあたりの間接費が増加するため、利益が減少または消滅する可能性があります。

価格が販売量に与える影響

価格設定がビジネスに与える最も明白な影響の1つは、販売量の増減です。エコノミストは、価格弾力性、つまり価格変動に対する消費者の購入の反応を研究します。価格を上げると、販売量がわずかに減少するだけで、利益率が高くなることで総利益が増えることで、販売量の減少を補うことができます。価格を下げると、売上が大幅に増加した場合に利益が増加し、ユニットあたりの諸経費が減少します。全面的な値上げを開始する前に、対象地域の価格を変更することにより、値上げに対する市場の反応をテストします。

価格とビジネスの位置付け

あなたが設定した価格はあなたのビジネス、製品またはサービスについて何人かの消費者にメッセージを送り、知覚された価値を生み出します。これは、ブランド、イメージ、または市場での位置に影響します。たとえば、価格が高いと、一部の消費者に品質が高いことを伝えたり、それらの価格を請求することができなくなったりします。他の消費者は、必要な品質を低価格で手に入れることができると信じて、低価格の製品やサービスを探しています。

販売、割引、リベート、見切りを提供すると、商品やサービスを通常の価格で販売できないというメッセージを送信したり、購入者に短期的に掘り出し物を購入する機会があることを伝えたりすることができます。

市場シェアと競争

設定した価格は、市場での競争力を高め、市場のボリュームのシェアに影響を与えます。一部の企業は、一時的に価格を下げて、価格の下落に対応できず、それに対応できない競合他社から市場シェアを獲得しています。消費者があなたの製品を試し、ブランドの好みや忠誠心を育む時間ができたら、あなたは彼らがあなたを離れさせないレベルまであなたの価格を再び上げることができます。

略奪的価格設定とは、競合他社から市場シェアを奪ったり、閉鎖したりするという特定の目的のために、製品またはサービスをコスト以下で販売し、競合他社がなくなった後、消費者の選択肢が少なくなるか、選択肢がなくなったときに価格を上げることです。これは違法です。

ロスリーダーの使用

一部の企業は、顧客をビジネスに引き込むためにコスト以下で製品またはサービスの価格を設定し、顧客は他の場所でより多くのお金を費やします。たとえば、大型小売店は大量のテニスボールを購入し、その価格以下で販売して、年間に多くの缶のボールを使用する裕福なテニスプレーヤーを店舗に誘い込む場合があります。低価格のボールを店の後ろに置くことで、買い物客がスポーツエリアに歩いて前に戻るときに衝動買いを生み出すことを望んでいます。レストランでは、通常のビジネスを維持するために通常の食事にペースを変えたり、手頃な価格の飲食店で高級料理を求めている友人を常連客に連れて行ったりするために、利益率の低いスペシャルを提供しています。