Apple MacBookProをプロジェクターに接続する

AppleのKeynoteでビジネスプレゼンテーションを作成した場合でも、iMovieで作成した最新のビデオを共有したい場合でも、プロジェクターを持って同僚や友人とプロジェクトを共有すると便利です。MacBookProをプロジェクターに接続するためのセットアップはかなり簡単です。プロジェクター自体以外に必要なのは、コンピューターのDVI信号をほとんどのプロジェクターで認識されるVGA信号に変換するアダプターだけです。

1

プロジェクタとMacBookProの両方の電源を切ります。

2

プロジェクターのVGAケーブルをDVI-VGAコンバーターに接続してから、DVI側をMacBookProに接続します。

3

MacBookを開き、アップルメニューを選択します。次に、「システム環境設定」と「ディスプレイ」を選択します。

4

プロジェクタの電源を入れて、ライトが目的の表面に投影され始めるようにします。

5

MacBookの[ディスプレイ]ダイアログボックスから[ディスプレイの検出]をクリックします。MacBookはこの時点でプロジェクターの信号を検出し、コンピューターの画面を目的の表面に投影し始めるはずです。