会計におけるDFLとは何ですか?

会計では、頭字語「DFL」は財務レバレッジの程度を表します。企業のDFLは、負債と資本を含む資本構造のリスクを表しています。企業の固定財務コストが収益の大部分を占める場合、そのDFLは高くなります。企業のDFLが高いほど、資本構造のリスクが高くなります。

DFLの計算

会社のDFLを計算するには、利息と税金を差し引く前の収益を税引前利益で割る必要があります。たとえば、会社が支払利息と税金を支払う前に500,000ドルを稼ぎ、その会社が40,000ドルに等しい期間中に支払利息を支払う場合、そのDFLは1.087に等しくなります。この場合、数式は$ 500,000 /($ 500,000- $ 40,000)です。

結果の解釈

DFLが1より大きい場合、会社は財務レバレッジを持ちます。DFLが大きい企業は、通常、DFLが小さい企業よりも固定財務コストが高くなります。DFLが低い企業は、費用の大部分が変動し、売上高に依存するため、売上高が少ない場合の損失を最小限に抑えることができます。一方、DFLが高い企業は、固定の財務コストを多く支払う必要があるにもかかわらず、損益分岐点でより多くの収入を生み出す必要があります。

高DFLの利点

高DFLは低DFLよりもリスクが高くなりますが、販売量が低DFLよりも多い場合は、高DFLの方が有利です。DFLが高い企業は、変動費が少なく、固定財務コストが高いため、DFLが低い企業よりも、収益が損益分岐点を超えると、より大きな割合の利益を得ることができます。これは、DFLが低い企業は変動費をより多く支払うためです。変動費は販売量が増えるにつれて増加し続けますが、DFLが高い企業はそうではありません。

考慮事項

多くの場合、企業はDFL計算を使用して、推定売上高に基づいて収益を予測したり、さまざまな資本構造を実装した場合の影響を分析したりします。企業は、DFL値を使用して、総レバレッジの程度を計算することもできます。これは、売上の特定の変化に対する株主収益の変化の割合を測定します。 DFLは、営業レバレッジの程度にも関連しています。これは、利息と税金を差し引く前の企業の収益の変化を売上の変化に関連付けます。