パン屋を開くための予算

パン屋を開くことはケーキのように見えるかもしれません。ただし、パン屋を成功させるには、時間をかけてパン屋を開く予算を知る必要があります。すべてのパン屋の予算は、サイズ、場所、製品、戦略などのさまざまな要因によって異なります。収入を見積もり、費用を予測し、予期しない事態に備えることで、パン屋を成功に導くのに役立つ予算を立てることができます。

計画された収入と価格戦略

パン屋を開くための予算を準備するとき、最初に行う活動は、製品の販売を通じてビジネスにもたらす予定の金額を特定することです。収入を計画する際の重要な要素の1つは、パン、クッキー、マフィンなど、販売価格が設定される製品を検討することです。2番目の要素は、価格競争力を確保しながら、利益をもたらすことです。

個々のクライアントのカスタムジョブを完了する場合でも、価格戦略は有利に機能する必要があります。たとえば、カスタムのウエディングケーキをデザインして焼きます。あなたが持ち込むことを計画している収入の量はあなたにあなたのパン屋がお金を失うことなくどれくらいの費用を持っていることができるかについてあなたに見積もりを与えるでしょう。

予想される初期費用

パン屋を開くことに関連する多くの初期費用があります。ゼロから始める場合は、ベーキングを開始するために必要なすべての材料を購入する必要があります。また、ミキサー、オーブン、その他の基本的な必需品など、成功するために必要なツールがあることを確認する必要があります。New York Magazineは、最近のパン屋の立ち上げ費用を合計で約40,000ドルと説明しています。ただし、既存のフランチャイズに参加している場合、費用は420,000ドルを超える可能性があります。これらの費用には、建設費およびレンタル料、スタートアップ在庫、およびパン屋を始めるために必要なその他の材料などの施設関連費用が含まれていました。

予想される営業費用

運営費は、パン屋の経営から発生する費用です。あなたの費用は直接および間接の両方の費用になります。直接費用は、あなたのビジネスの主要な活動を行うことから発生します。たとえば、ケーキやマフィンのバッチを焼くために使用される材料は直接費用になります。

また、これらの焼き菓子を作るのにかかる人件費は直接経費とみなされます。間接費には、広告費、管理費、製パン以外の活動にかかる費用が含まれます。

予期しない計画を立てる

他のビジネスと同じように、緊急事態が発生した場合に対処するために十分な予算を立てる必要があります。オーブンが機能しなくなった場合は、できるだけ早く修理するために料金を支払う必要があります。そうしないと、製品を焼いて販売することができなくなります。

これらの種類のイベントを正確に計画することはできませんが、これらの種類の修理に対処するのに十分な予算があることを確認できます。全体として、予算はわずかに柔軟であり、ベーカリービジネスの絶えず変化する環境に対処できるようにする必要があります。