原価法と持分法

あなたの会社が他の会社に投資する場合、それが業務提携を形成することであろうと、単に利益を上げることであろうと、その投資はあなたの貸借対照表に計上されなければなりません。会計規則は、投資を報告するために使用する方法を指示します。原価法および持分法は、他社の所有持分が支配持分よりも少ない場合に適用されます。

影響力のレベル

会社が他の事業の支配的ではない株式を説明するために使用しなければならない方法は、その会社が所有する他の事業の量によって異なります。出資比率が20%未満の場合、一般に認められている会計原則では、それを「パッシブ」投資と定義しています。つまり、会社の方針と方向性に大きな影響を与えるほど大きくはありません。パッシブ投資は、原価法または公正価値法のいずれかで会計処理する必要があります。

出資比率が20%以上で、支配持分未満の場合、「重要な影響力」を持つ投資と見なされます。重要な影響を与える投資は、持分法で会計処理する必要があります。

投資の記録

原価法と持分法の両方で、他の会社への投資を、投資を取得するために支払った金額と同じ価値の資産として貸借対照表に配置します。会社間投資は通常、株式の所有を伴うため、投資の価値を株式に支払った価格としてリストします。ただし、投資が貸借対照表に入ると、コストと持分法は大幅に異なります。

会計の原価法

受動的投資の会計処理は、あなたの会社が他の事業で所有している株式をどうするかによって異なります。その株式を無期限に保有する予定の場合、会社は原価法を使用する必要があります。原価法では、投資は元の原価で貸借対照表に残ります。投資から配当金を受け取った場合、それらの配当金は収益として扱われます。

ただし、会社が株式を売却する予定の場合、または少なくとも適切な価格で販売できるようにする場合は、原価法ではなく、公正価値会計法(市場法とも呼ばれます)を使用する必要があります。一言で言えば、公正価値法では、株式の市場価値の変化を反映するために、投資の貸借対照表の価値を定期的に調整する必要があります。

持分法の調整

持分法では、「所有」会社の純利益(利益)に応じて投資の貸借対照表の価値が変化します。あなたの会社が会社の30%を所有していて、その会社が$ 100,000の純利益を報告しているとしましょう。投資の貸借対照表の価値を30,000ドル(100,000ドルの30パーセント)増やし、その利益を損益計算書に収益として報告します。会社に純損失があった場合は、損失のシェアだけ投資の価値を減らし、その減少を費用として報告します。

最後に、株式からの配当は、収益ではなく、投資された資本のリターンと見なされます。あなたは受け取った配当の額だけ投資の価値を減らすでしょう。